日本三大霊場 恐山

ひとを想うひとの心 霊場恐山

書籍のご案内

書籍のご案内

【 恐山: 死者のいる場所 (新潮新書) 新書 】

内容紹介

人は死んだらどこへゆく――。「恐山の禅僧」が語る、霊場のすべて。 死者は実在する。懐かしいあの人、別れも言えぬまま旅立った友、かけがえのない父や母――。たとえ肉体は滅んでも、彼らはそこにいる。日本一有名な霊場は、生者が死者を想うという、人類普遍の感情によって支えられてきた。イタコの前で身も世もなく泣き崩れる人々、息子の死の理由を問い続ける父……。死者への想いを預かり、魂のゆくえを決める場所、それが恐山なのだ。無常を生きる人々へ、「恐山の禅僧」が弔いの意義を問う。

内容(「BOOK」データベースより)

死者は実在する。懐かしいあの人、別れも言えず旅立った友、かけがえのない父や母―。たとえ肉体は滅んでも、彼らはそこにいる。日本一有名な霊場は、生者が死者を想うという、人類普遍の感情によって支えられてきた。イタコの前で身も世もなく泣き崩れる母、息子の死の理由を問い続ける父…。恐山は、死者への想いを預かり、魂のゆくえを決める場所なのだ。無常を生きる人々へ、「恐山の禅僧」が弔いの意義を問う。

【 禅僧が教える 心がラクになる生き方 】

【 禅の風 第40号 恐山 生きていく者たちへ】

禅を日常生活に取り入れ、現代人に「心の平穏」とは何かを教えてくれるシリーズ
特集:恐山 対談:普よく自他を利するなり 南澤道人 曹洞宗大本山永平寺副貫首、北野大 淑徳大学総合福祉学部教授

本州初 石造りの太鼓橋 一口会員大募集中!!

霊場恐山への入口にある太鼓橋を50年ぶりに架け替え致します 風雪に千年の月日を耐えられる石造りにします

震災被災者の方々の供養・祈念は恐山供養塔にてお祈りください

震災被災者の方々への供養へ  被災者への冥福は恐山供養塔にてお祈りください

Translate »