五観の偈(ごかんのげ) 食事五観の解説

五観の偈(ごかんのげ) 食事五観の解説

みなさんは、食事のまえに「いただきます」とおとなえすると思います。
曹洞宗にも食事(じきじ)作法というものがあり、修行僧はその作法に則って食事をいただきます。 ここにご紹介する「食事五観の解説」は、その中で親しみやすい偈文ですので、食事の前に是非おとなえしてみてください。

一つには功(こう)の多少(たしょう)を計(はか)り彼(か)の来処(らいしょ)を量(はか)る

*このお米は八十八回と云われる程大変な苦労を重ねて出来たものでありこの食膳に上るまでに沢山の人の手を経て今始めて戴けた事に先づ感謝する

二つには己(おの)れが徳行(とくぎょう)の缺(ぜんけつ)を忖(はか)って供(く)に應(おう)ず

*私は今この食事を戴ける程日夜精進努力しているかどうか反省する

三つには心(しん)を防(ふせ)ぎ過(とが)を離(はなる)ることは貪等(とんとう)を宗(しゅう)とす

*お腹がへると怒りっぽくなったりしてとかく過ちを犯しがちなもの、そうかと云っておいしいから沢山食べ嫌いなものだからと云って少しでやめたりはしない

四つには正(まさ)に良藥(りょうやく)を事(こと)とするは形枯(ぎょうこ)を療(りょう)ぜんが為(た)めなり

*食事する事は薬を戴くのと同様でやせ細ったり命が絶えたりしない為に戴くものである

五つには成道(じょうどう)の為(た)めの故(ゆえ)に今此(いまこ)の食(じき)を受(う)く

*自分自身の本分を完うし、よりよき人間として素晴らしく生き続ける為に今この食事を戴きます

→宿坊「吉祥閣」についてへ戻る