日本三大霊場 恐山

ひとを想うひとの心 霊場恐山

恐山菩提寺本坊 曹洞宗 円通寺

恐山菩提寺本坊 曹洞宗 円通寺

円通寺(恐山菩提寺本坊)概要

吉祥山円通寺の創建は室町時代後期の大永2年(1522)、根城南部家の援助を得て聚覚和尚(曹洞宗の僧)に開かれたのが始まりとされます。聚覚和尚は享禄3年(1530)に恐山菩提寺を再興すると円通寺は恐山菩提寺の本坊となっています。その後衰微しましたが、江戸時代初期の万治2年(1659)、根城南部家が東昌寺6世を招き中興し東昌寺(茨城県猿島郡五霞町)の末寺となっています。又、斗南藩の史跡としても知られ、幕末、新政府軍と対立した会津藩(福島県会津若松市)23万石は慶応4年(1868)の会津戦争へ突入し明治元年に降伏、会津藩は廃藩となりました。明治2年(1869)、旧家臣や親族などの嘆願により会津藩主松平容保の嫡男松平慶三郎(容大)の家督相続と陸奥国内3万石が認められます。明治3年(1870)、旧南部藩領の五戸(五戸町)に入り五戸代官所が仮の藩庁となります。その後、正式に領地が決定し斗南藩が立藩、明治4年(1871)に円通寺に仮の斗南藩の藩庁と藩主の居館が設けられました。その後、一時迎町大黒屋で開校した藩校日新館も円通寺に移されました。境内には戊辰戦争三十三回忌の明治33年(1900)に招魂碑(旧斗南藩主松平容大の揮毫、碑文は南摩綱紀の撰)が建立されています。寺宝である田名部海辺三十三番順禮札所標示板(1枚)が昭和47年(1972)にむつ市指定有形民俗文化財に指定されています。田名部海辺三十三観音霊場第1番札所(札所本尊:如意輪観音像)。宗派:曹洞宗。本尊:釈迦如来。

第25世 住職  熊谷 紘全

昭和五十年より曹洞宗吉祥山円通寺(むつ市)二十五世住職、恐山山主。曹洞宗大本山永平寺顧問なども務める。
大永二年創建の円通寺は、現在まで続く下北半島最古の仏教寺院であり、四百年にわたり霊場恐山を管理してきた。

供養・祈願等案内

ご供養・ご祈願など、円通寺本堂にて受付いたします

【ご供養の内容】
○先祖供養:俗名・戒名

【その他】
・法話 ・各種講演会  等

【お知らせ】
恐山は、毎年11月はじめから4月末まで、冬季積雪のため閉山致しております。
閉山期間中は、本坊 曹洞宗 円通寺にて各種供養・祈願等を受付いたします。詳しくはFAXもしくはお手紙にてお問い合わせください。

円通寺(恐山菩提寺本坊)へのアクセス



所在地 〒035-0051  青森県むつ市新町4-11
電話番号 0175-22-1091
交通アクセス下北駅から車で10分

本州初 石造りの太鼓橋 一口会員大募集中!!

霊場恐山への入口にある太鼓橋を50年ぶりに架け替え致します 風雪に千年の月日を耐えられる石造りにします

震災被災者の方々の供養・祈念は恐山供養塔にてお祈りください

震災被災者の方々への供養へ  被災者への冥福は恐山供養塔にてお祈りください

Translate »